<< 「アートが地域にもたらすもの」 | main | 芸術家と制作者。 >>

スポンサーサイト

  • 2013.03.12 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「劇場法」(仮)に関するあれこれ。

こんにちは。久原です。

これまでの経過をご覧いただけばお分かりのように、大分市に新しくできる施設は、ぜひとも「創る劇場」となってほしいと思っています。
そこで、劇場法についてもアンテナを張らねば。と、平田オリザさんの記事を、とにかく読むことにし、インタビューのログや書籍を探しました。(インターネットって便利)

昨日、青年団の 「主宰からの定期便」 というページで平田オリザさんの最新の記事がでました。

その中で、
すずきかんマニフェスト」 (鈴木寛文科副大臣)というページが紹介されていたので見てみました。

読むうちに、ふと
「そういえば、NPOの税上の優遇って、あれから改定実現したんだっけ?」
と思って、検索してみました。(インターネットって便利その2)

 NPO法  の、ページの下の方ににある 「第三章 税法上の特例 

この部分を読んでみたけど、ちんぷんかんぷん。
リンク多いし開いたら難しいし!
まだまだ、「法人格を持てるだけでも良し!」な、段階なのかしら。

民主党がやいのやいの言われていますが、競争世界(戦争含む)へ一直線だった小泉路線から脱却し、NGOやNPOと寄り添う姿勢を見せているだけでも、自民党政権より評価できると思います。

市民参加型の治世を求めるのならば、進んで参加しやすい環境の整備も必要。

これからNPOの活躍は、ますます必要不可欠になります。
「社会的に認められて、交渉事(申請)を進めやすくするために、有限会社とNPO、どっちにするか悩んだ」
なんて話も、過去に聞いた事があります。
 
特定非営利活動促進法
(平成十年三月二十五日法律第七号)

第一条
 
この法律は、特定非営利活動を行う団体に法人格を付与すること等により、ボランティア活動をはじめとする市民が行う自由な社会貢献活動としての特定非営利活動の健全な発展を促進し、もって公益の増進に寄与することを目的とする。


と、言うのであれば、税上の優遇など、もう少し飛び込みやすくしてくれればいいのに。

※ なぜか「NPO」ってちゃんと打ってる所と「NOP」って打ってるところがありました。
失礼しました〜

スポンサーサイト

  • 2013.03.12 Tuesday
  • -
  • 14:06
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
profile
selected entries
categories
links
                         
recent comment
archives
mobile
qrcode
search this site.
sponsored links
powered
みんなのブログポータル JUGEM
others