<< 平成22年度文化庁予算(案) | main | 「劇場法」(仮)に関するあれこれ。 >>

スポンサーサイト

  • 2013.03.12 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「アートが地域にもたらすもの」

こんにちは。久原です。

BEPPUPROJECT2010の記念講演会に行ってきました。


会場は、別府ブルーバード劇場です。

入場料を1冊500円の「BP」というチケットで買わせます。
この講演会の場合は「入場料:9BP」だったので1000円で2冊買いました。
が、入場料には「3BPのおまけ」付きなので、「3BP」や「半券」で入場できる他のプログラムにも参加できるし、「3BP」分を近隣の温泉や加盟している飲食店でも使える。
という、地域還元システムのあるチケット制度です。

慣れない人には「?」かもですが、クーポン券的な感覚でいいかなと。
お得感もあります。


講演会ですが。
「アートが地域にもたらすもの」という講演タイトルにひかれて行きました。
ジュードさんの話は面白かったです。
入門編っぽかったけど、市民向けの組み立てなんだろうと思いました。

芸術を広める事を目標とする者は、アーティストであることも大事だけど、先ず、パブリックサーバント(あってるかな?この場合は官僚ではなく、税金(助成金)を使って何がしかの行事を行う=公共に存在する全ての物を愛する)になろう
「アート」と「コミュニティ」をつなぐ者であろう。
というような内容でした。

・・・まとめすぎ。

BEPPUPROJECTの催しに、演劇も加わるといいな〜と思いつつ、残りのプログラムのどれに行こうか眺めるのでした。

スポンサーサイト

  • 2013.03.12 Tuesday
  • -
  • 15:43
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
profile
selected entries
categories
links
                         
recent comment
archives
mobile
qrcode
search this site.
sponsored links
powered
みんなのブログポータル JUGEM
others